表参道駅にインタラクティブマップが導入

東京メトロ表参道駅の改札外にある駅周辺地図が大画面タッチパネルを利用したインタラクティブマップに更新されていました。ファッションブランドのお店や公共施設などをタッチすると、どの出口から出れば良いか、どのルートをたどれば良いかがわかるようになっています。地図をタッチしても同じような表示になります。

地下ではGoogle Mapsが利用できませんから、目的の店がわかっていてもどの出口から出れば良いかがわかりません。インタラクティブマップは行きたい場所をタッチするだけで出口情報がわかるのはもちろんですが、必要ない情報が表示されないので地図自体もかなりシンプルになっており、とても使いやすくなっています。

今のところ設置されている場所が限られていますが、今後増えていくことが期待されます。

※本記事に掲載している写真は、権利者の許可の元掲載しております