東京メトロのコインロッカー空き状況提供サービスが10駅に拡大

ロッカーコンシェルジュ

東京メトロではコインロッカーの空き状況をWeb上で確認できる「コインロッカー空き状況提供サービス」を3月29日(金)から対象駅を10駅に拡大します。

ロッカーコンシェルジュ
利用可能な駅が一覧で表示されます
ロッカーコンシェルジュ
ロッカーの場所とサイズ別空き状況が確認できます

このサービスは東京メトロ駅構内のコインロッカーに荷物を預けたい人が、事前にロッカーの設置場所と空き状況をスマホなどで確認できるサービスです。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応しており、従来は3駅だった対象駅を29日に10駅へ拡大。さらには2019年度中に40駅まで拡大する計画です。

増え続ける訪日客の影響か、荷物の一時預かりのキャパシティは深刻な供給不足に陥っており、民間企業が提供するコインロッカーでは料金精算時のトラブルも報告されるなど、問題も起きています。また、店舗が空きスペースを荷物預かりに活用できるサービスも提供されており、こちらでは事前予約が可能です。東京メトロではコインロッカーの利便性を高めるべくこのサービスをリリースしたと考えられますが、複雑な駅構内の案内図を外国人が読み取れるかかなり不安が残り、今後の改善にも期待したいです。

渋谷などの街を歩いているとよく外国人に「コインロッカーの場所を教えてほしい」と聞かれることがあります。これからはこのサービスのURLを教えれば、ひとまず解決できるというところは、活用していきたいですね。

※本記事に掲載している写真は、権利者の許可の元掲載しております